日本茶インストラクター協会東海ブロック
ホーム
サイトマップ
東海ブロックの活動
ごあいさつ
イベント
研修会
セミナー
アドバイザー養成スクール
日本茶インストラクターとは
認定制度
通信教育講座
認定試験
掲示板
岐阜県支部掲示板
三重県支部掲示板
愛知県支部掲示板
東海ブロック掲示板
会員の皆様へ
活動報告書
貸出し茶器について
お問い合せ
日本茶関連リンク集
空白
東海ブロック事務局
岐阜県支部
愛知県支部
三重県支部
ごあいさつ
東海ブロック
日本茶インストラクター協会 東海ブロック長

 皆さまこんにちは、このたび東海ブロック長を拝命いたしました、上畑(かみはた)と申します。このような大役を仰せつかり、身の引き締まる思いを感じています。ふつつか者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、東海ブロックの方針としまして、ひとえに会員の皆さまの喜びにつながることと、日本茶文化の普及を大前提にして、運営をいたします。そして、皆さまの代表である、岐阜・三重・愛知の支部長さん・役員さんによく相談し、また、歴代ブロック長が築いてくださった、良い流れを大切にすることを心がけます。
 現在、日本茶を取り巻く世界は、かなりのスピードで変化を続けていると思います。新しい波が次々と現れては消え、まごまごしていると自分の立ち位置を見失ってしまいそうです。ですがそんな時こそ、当会の皆さまに教えていただいた、「お茶を愛する気持ち」や「人を思いやる気持ち」を忘れずに、歩んでまいりたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。

東海ブロック長 上畑 勝己 
ライン
岐阜県支部
日本茶インストラクター協会 岐阜県支部長 
 平成29年度より岐阜県支部長をさせていただいております坂ア史麻です。
  岐阜県支部会員数、インストラクター33名、アドバイザー27名、合計60名です。
 美濃・飛騨の豊かな自然の中で育まれた岐阜県のお茶「美濃茶」。県西部には、まろやかで深い味わいの「美濃いび茶」、白川町を一帯とする県東部では、高い香気と味が特徴の「美濃白川茶」が二大銘柄として生産されています。
 支部活動としましては、岐阜新聞カルチャー教室での日本茶セミナー開催のほか、県主催のイベントや地域のお祭りなどに参加し、「美味しいお茶の淹れ方教室」「お茶体験」なども開催しています。会員の資質向上を目的として、産地・工場見学、お茶の審査鑑定、講師の方をお招きするなどしての研修を行っています。
 生産農家、茶問屋、専門店に至るまでの茶業に従事する会員もいるなか、近年は、茶業種以外の会員も増えてきております。岐阜県は面積が広いため、各地域での活動が多く、それぞれが得意分野を活かした講座を行っています。
 会員の皆さまには、これからもご支援ご協力のほどお願い申し上げます。
 そして、会員の皆さまとともに日本茶の普及につなげていけるよう努めてまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
岐阜県支部長 坂ア 史麻 
ライン
愛知県支部
日本茶インストラクター協会 愛知県支部長
 今年度より愛知県支部長を拝命いたしました永井大也(ながいだいや)です。
 本業は、日本茶の販売を生業としています。もう25年になります。この間、日本人の中の日本茶は、大きく変わりました。最も大きく変わったことは、ペットボトルなどのお茶のドリンクの普及です。家庭から急須がなくなり、急須を知らない子供たちがでてきました。大人たちは、<日本茶は淹れるのが難しい。。。茶殻の始末が面倒くさい。。。>などといい、ティーバッグや粉末茶で簡単にすませようとする。。。
 本当においしいお茶をきちんと伝えるためには、知識や理論が必要だったので、インストラクターの勉強をしました。資格取得後、現場で、講座会場で、多くの方々に日本茶の良さをお伝えしてきました。
 「知識を得ることよりも、わかりやすく伝える難しさ」はいつも感じています。そんな時、インストラクター協会の皆さんは、同じ志を持つ同志としてとても心強い存在なのです。協会には、生産家・茶商・茶道経験者をはじめ、直接お茶には関係していなくても様々な専門知識を持つ会員さん、主婦の立場で生活の中のお茶を語ることのできる方、現役の学生さんで、今の若者が日本茶をどう捉えているのかを肌身で感じている会員がいらっしゃいます。皆さんから教えを乞い、皆さんとどうやったら日本茶のすばらしさをもっと広められるか語り合いたい。。。皆さんにもそんな場所になってほしい。。。
 ただ、このご挨拶を書き上げている今は、新型コロナウィルスで日本中大変なことになっています。お茶は、本来コミニュケーションツールとしても使われる飲料です。人と人の絆を遮断してしまう世の中で、お茶の役割も、私たちの活動も制限されてしまっていますが、直に皆様とお会いできるようになるまでの間は、オンラインなどを通じて活動を行っていきたいと考えています。
 一日も早く直接皆様とお会いし、楽しい活動ができる日が来ることを願っています。
愛知県支部長 永井 大也 
ライン
三重県支部
日本茶インストラクター協会 三重県支部長 
 今年度より三重県支部長をさせていただくことになりました16期生の池田汐里です。
 三重県はお茶の生産量全国第3位。鈴鹿山麓沿いに茶畑が広がり、北勢のかぶせ茶、南勢の深蒸し茶など「伊勢茶」の産地としてかつてより茶栽培が盛んです。また、萬古焼きの産地でもあり、お茶には欠かせない急須も沢山作られています。
 まさにお茶処三重県ですが、そういう私自身も茶農家に生まれ、幼い頃から文字通りお茶漬けな生活をしてまいりました。あまりにも身近過ぎて恥ずかしながらお茶について深く考えたことがあまりなく、お茶を心から好きだな楽しいなと思えるようになったのは、インストラクター協会の皆様と交流、活動させていただいたことが大きな要因だと思っております。もともとは何気なしに勧められて資格を取得したのですが、お茶の素晴らしさはもちろん、携わる方々の温かさ、お茶から学ぶ文化の深さ、茶農家という家業の面白さにも気づくことができ、今ではただのお茶オタクです。
 三重県支部は産地ということで茶農家さん、茶商さんなど茶業関係者がたくさん在籍されるなか、急須など製陶業、茶道、近年はお茶好きが高じて、食育がきっかけでなど、多方面の方々で構成されるようになってきました。様々な角度からお茶に焦点をあて、知らなかったお茶の良さやその伝え方を発見出来る素敵な場です。普及活動をするうえで知識量などはもちろん大事ですが、自分自身がこの活動を大切にしているか、楽しめているかということが相手に良くも悪くも伝わると思います。まだまだインストラクターとして未熟者の私ですが、お知恵を拝借しながら、先輩方が作り上げてきた教えを大切に、楽しく丁寧に皆様と活動していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
三重県支部長 池田 汐里 
ホーム
Copyright(C)2008 Nihoncha Instructor Association Tokai Branch. All Rights Reserved.